危なくない日記

サブカルチャーと社会学の交差地点

ロードバイク買った

タイトルの通りである。ロードバイクを買った。

 

正確には知人から格安で譲ってもらった,だが。

 

メーカーはかの有名なビアンキビアンキを格安で売ってくれる!?買うわ!!と勢いで買った感は否めないのだが,とても気に入っている。実をいうとそこまでグレードの高いものではないのだが(コンポーネントはSORA),そこはあまり気にしていない。

 

かつてのママチャリ生活から,ロードバイク生活へ移行したことによって,変わった点が2つ。

 

まずひとつ。通勤通学がとても楽になった。これは間違いない。軽くペダルを漕ぐだけで,20キロは出る。楽に,かつ速くなった。通勤時間は従来の3割減だ。

 

ふたつめ。知人から羨ましがられるようになった。特に中学生から「自転車かっこいい!」と言われるようになり,ホクホクである。自尊心は3割増である。

 

f:id:yune_suko:20170629230542j:plain

 

そんなロードバイクにも問題点が1つ。フロントギアが変わらないのだ。

 

いくらシフトレバーを押してもうんともすんともいわない。幸いアウター(重い方)からインナー(軽い方)に変わらないという状態なので,普段使いには困らないが,きつめの坂道を登るときにちょっとだけつらい。

 

困ったときの専門家だ!と思い自転車屋さんに見てもらった。

 

自分「フロントギアが変わらないんですよ~」

店員「ちょっと試してみますね」(カチッカチッ)(ガチャ)

店員「少々重いですが変わりますよ」

自分「あれ?ホントですね。ありがとうございました。」

 

ん?さっきまで全然動かなかったのにどうしたんだ。と思いながら自転車にまたがり,帰りの道すがらフロントギアのシフトレバーを押してみる。

 

やっぱり動かない……

もう一度自転車屋さんにうかがう。

 

自分「すみません。やっぱり動かないんですが……」

店員「じゃあちょっと乗ってみていいですか?」

 

自転車にまたがり,道を軽く走る店員さん。

 

店員「変わりましたよ」

自分「あれれ。ちょっとやってみていいですか?」(カチカチ)(ガチャ)

自分「変わった……どうもすみませんありがとうございました」

 

しかし!その後,シフトレバーを押してもフロントギアは全然変わらない。

これはどういう状況なんだ。店員さんが乗るとうまくいくが,自分が乗ると全然できない……そんな謎な状況だ。

 

何度試してもフロントギアは変わらない。

 

そこだけが唯一の難点だ。