危なくない日記

サブカルチャーと社会学の交差地点

ブログを始めるということ

いつぶりだろう。

 

確か初めてブログ的なものを書いたのは中学生の頃だったはず。

ブログのタイトルは「ボンバイエスクール」というなんとも言えないやつ。

 

あれからはや10年

 

時々思い出すことはあった。

自分のあの時の投稿は痛々しかったなぁ~ とか

絞り出した話題がつまらなかったなぁ~ とか

今ならもっと「語れる」のになぁ~ とか

 

今ならもっと「語れる」気がする。

さすがにハタチを超えるといろんなことについて「語れる」はずなのだ。

 

例えば,自分が好きな音楽の事を中学生の頃よりも深いレベルで

例えば,日ごろ感じる違和感をもっと学術的なタームで

例えば,なんだろうな。あれ,もうないか。

 

主に「音楽」の話や自分の専門分野である「社会学」の話をすると思う。

ツイッターで連投するのは無理があると薄々気づいていたし。

 

というわけでユネスコ(仮名)の「危なくないブログ」を始めたいと思います。

さてさて中学生の頃よりも面白いブログは書けるのか!?