読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危なくない日記

サブカルチャーと社会学の交差地点

リアル3区とPOLTAのインストアライブに行ってきた

このブログは日々の出来事を綴る日記というよりも,例えば格差社会ローレンツ曲線だとかヒップホップのサンプリングがあの曲だとかどちらかといえば知識の貯蔵庫といった方向性を目指していたのだけど,たまには日記っぽいことも書いておこうと思う。

 

今日は新宿東南口のタワーレコードのインストアライブに行ってきた。出演は「リアル3区」と「POLTA」。自分はもともと「禁断の多数決」というバンドが好きで,先の2つのバンドのボーカルはどちらも一時期「禁断の多数決」のメンバーだった。そうした理由もありインストアライブに赴いたのであった。

 

www.youtube.com

 

まずはリアル3区から。

シンセ&サンプラー&ギターという珍しい構成。まず第一印象として,ゆめ(a.k.a.ローラーガール)の歌が想像以上に力強くてびっくりした。禁断の多数決の頃からは想像できないほどメロディアスでパワフルな歌声は,ドラムとベースが不在(正確には打ち込み)でも「バンドらしさ」を感じさせてくれた。終盤に演奏された「住民税が私を殺す」は自分が大好きなナンバー。「ただ住んでるだけなのに!?」という怒りのメッセージは生で聴く価値あり。ギターソロもかっこよかった。最後はミニアルバムの表題曲でもある「ドンキ行くけどなんかいる?」を演奏。「ヤンキー女子の切ない思いを綴った、バンドにとって初となるラブソング」と聞いてマジかよ!と思っていたが,生で聴くとヤンキー女子特有の準メンヘラ感(仮)をひしひしと感じ,これは紛うことなきラブソングだと納得してしまった。こうした郊外のリアルを歌うバンドがこれからも出てくることを期待している。MVの値札を町中にボムする演出は超COOLなのでオススメ。

 

www.youtube.com

 

つぎにPOLTA。

Youtubeにアップされているライブ動画を見る限り,普段の演奏はギター(尾苗氏),ベース(傑氏),ドラム(サポート)の3ピース構成なのだが,今回はインストアだということもあり,ドラムの代わりにカホンを使っていた。基本的に新譜『HELLO AGAIN』の曲をやっていたが,途中で1stアルバムから「遠くへ行きたい」をやってくれたのがとてもうれしかった。

youtu.be

 

新譜のなかでとても印象的だったのが「ロビタ」という曲だ。この曲はアウトロの部分でギターソロがあるのだが,そこで尾苗さんが歪ませたギターを思いっきりかき鳴らす姿がとても楽しそうだった。尾苗さんはギターポップが好きなんだろうなぁ。しかし,ドラムではなくカホンだということもあり少し迫力に欠けていたのが残念だった。これはライブハウスで見るべきだと思った。ちなみに直近のライブは10月らしい。

 

www.youtube.com

新譜の『HELLO AGAIN』から「こうじゃこうじゃ」

特典のライナーノーツによれば,イントロのフレーズはモーニング娘の「ラブマシーン」が元ネタとなっているらしい。確かに。

 

「POLTA」と「リアル三区」に共通して感じたことは,両者とも「禁断の多数決」時代よりも生き生きしていたという点である。「禁断の多数決」のときの声をあまり張り上げない歌い方も嫌いではないが,現在のほうがやりたいこと(=歌いたいこと)がやれているといった印象を受けた。これからもこの2つのバンドを応援していきたいと思う。

 

格差社会について――ローレンツ曲線とジニ係数を読み解く

2006年の流行語大賞(※)にもノミネートされた「格差社会」。この言葉が登場してから10年近く経った今でも頻繁に用いられているのは,現状を指し示す言葉としてのリアリティを持ち合わせているからだろう。

※ちなみにこの年の大賞は「イナバウアー」。感慨深い。

 

つまり「現在は格差社会である」と言えば,ある一定の同意は得られることが予想される(もちろん「そんなことない」と反論する人もいるだろうが)。

 

しかし,本当に格差社会と言えるのか?どのようにすれば格差社会を実証できるのか?そこで参考になるのが,「ローレンツ曲線」と「ジニ係数」である。今回はこれらの指標を用いて「格差社会」を実証していく。

続きを読む

学習指導要領の改訂について――年表から読み解く

学校の先生(=教員)になるためには「教員採用試験」を代表とする,各種様々な試験を受けなければならない。そうした試験の科目には「専門教科」(例えば「公民」「数学」「英語」などなど)の他にも「教職教養」というものが設けられている場合が多い。その内容としては,教育史,教育心理,教育法,などがあり,各教科の専門知識というよりは教育全般に関する知識・理解を問うものとなっている。

 

※「教職教養」に「教育社会学」が含まれていないことに対してすごく異議申し立てをしたいのだが,今回はその話はおいておく。

 

今回は,「教職教養」を学ぶ上で避けて通れない「学習指導要領」について書こうと思う。「学習指導要領」とは教育課程の基準となるもので,法的拘束力を有している。要するに学校で習うことや学校がすべきことについて書かれたもので,これに基づいて現場の教員は具体的な教育を構想し行う。まぁ,有り体に言ってしまえば「国からのお達し」だ。「教職教養」の試験ではもちろん「学習指導要領」に関する問題も出題される。採用試験で良い点を取るためには,現在の「学習指導要領」の知識はもちろん,過去のものまできちんと知っておかなければならない。そうお気づきかもしれないが,「学習指導要領」は数年おきに改訂されるのだ。この改訂の変遷を勉強するのがものすごくめんどくさい。しかも,自分が持っている「教職教養」の参考書には年表が載っておらず,何年に何回目の改訂があった,というのがイメージしづらいのだ。

 

年表がないのならば作ってしまえ!ということで,年表を作ってみた。

 

f:id:yune_suko:20160816015126p:plain

 

長い……縦に長い……

文部科学省「学習指導要領の経過」時事通信出版局編,2015『教職教養の要点理解』/舞田敏彦さんのツイートなどを参考に作成した。

 

この図を読み解く前にいくつか注意点を挙げておく。まず,この図は「改訂」の年に合わせて作っているため,「実施」される年はまた数年ズレるということだ。例えば,「総合的な学習の時間」が新設された第6次改訂は1998年だが,実施されたのは小・中学校では2002年である。おおまかに「改訂」と「実施」は3,4年程度ズレると考えてほしい。

 

つぎに,高校の改訂は小・中よりも一回分多いということに注意してほしい。これは1955年という中途半端な時期に高校の指導要領が改訂されたことによって生じた現象である。なぜ,1955年に高校の指導要領のみ改訂されたのかということについては,自分の知識外なのでわからない(今後の課題ということにさせていただく)。

 

では,この表を作りながら自分が考えたことを述べていこう。

 

この年表を見れば,改訂の回数と時期がすぐわかる。現在までに「学習指導要領」は7回(高校は8回)改訂されている。同じ「学校」という場所で「教育」を受けたとしても,内容は時期によって異なっているという点に注目していただきたい。自分が経験してきたものだけが唯一の「教育」の姿ではないのだ。そして時期によって姿を変える「教育」は,学習指導要領という国からのお達し,それは法的拘束力をもつ,によってある程度規定されてしまう。1998年の第6次改訂(実施は2002年)の指導要領のもとで学んだ若者を「ゆとり」と呼び,揶揄する人がいるが,彼・彼女らは国によって規定された「教育」の産物であり,よって「ゆとり」当事者を責め立てるのはお門違いというやつだ。さらに言えば「ゆとり」をキーワードとした教育は1977年の第4次改訂の時点でもすでになされている。「ゆとり」という言葉は平成初期にポッと出てきたわけではない。

※そもそも「ゆとり」バッシングにおける「ゆとり」像がどこまで実態を捉えているのかどうか疑問だが。下記リンクを参照。

gendai.ismedia.jp

 

話は変わるが,個人的に面白いと思ったのは,1947年の学習指導要領において「自由研究」という時間が設置されたという点だ。この「自由研究」は1951年の第1次改訂で早々に削除されてしまうのだが,現在も(その起源は忘却の彼方へとなりつつも)夏休みの宿題という形で生き残っている。ではこの「自由研究」とはどのような時間だったのだろうか。当時の資料を引用しておく。

 

自由研究も、新しい教科課程で、はじめてとりあげたものであるが、この時間を、どんなふうに用いて行くかについては、少しく説明を要するかと思う。後に述べるように、(指導法一般参照)教科の学習は、いずれも児童の自発的た活動を誘って、これによって学習がすすめられるようにして行くことを求めている。そういう場合に、児童の個性によっては、その活動が次の活動を生んで、一定の学習時間ではその活動の要求を満足させることができないようになる場合が出て来るだろう。〔中略〕そのような場合に、〔中略〕時としては、活動の誘導、すなわち、指導が必要な場合もあろう。このような場合に、何かの時間をおいて、児童の活動をのばし、学習を深く進めることが望ましいのである。ここに、自由研究の時間のおかれる理由がある。〔中略〕要するに、児童や青年の自発的な活動のなされる余裕の時間として、個性の伸長に資し、教科の時間内では伸ばしがたい活動のために、教師や学校長の考えによって、この時間を用いたいというのであるが、なお、児童が学校や学級の全体に対して負うている責任を果たす一たとえば、当番の仕事をするとか、学級の委員としての仕事をするとか一ために、この時間をあてることも、その用い方の一つといえる。

『学習指導要領 一般編‐試案‐(抄)(昭和二十二年三月二十日)』より引用

 

要するに子どもたちの興味に応じて自由に学習内容を設計するという「新教育※」的な価値観に基づいて設置された時間であるのだが,教師が多少手を貸す(=指導する)ことも意図されているという点に注目してほしい。現在の夏休みの宿題における〈自由研究〉は,こうした子どもたちへの配慮が切り捨てられ完全に自由,悪く言えばほったらかしになっている(そして子どもたちの悩みの種となっている)。夏休みの〈自由研究〉も,当初の「自由教育」のように教師が多少!手を貸すことを含みこんだ設計をすべきではないだろうか。

 

※「新教育」とは,既存の抑圧的な学校教育のあり方に対する批判の運動であり,子どもの自発性を尊重するという特徴がある。

 

他にも上記の年表を作りながら考えたことはあるのだが,長くなりそうなのでこのあたりでやめておこう。最後に次の改訂はいつ頃なのか,という点について記しておこう。

 

これまでのペースをみていくと,おおまかに10年足らずで改訂がなされている。直近の改訂は2008年(平成20年)であるということは,現在(2016年)は改訂から8年が経っていることになる。ということは,次の改訂は今年・来年あたりになると考えられる。そして「実施」も今まで通り「改訂」の3,4年後になるだろう。念のため文部科学省のHPを閲覧してみたが,予想通りのスケジュールであった(下記リンク)。

次期学習指導要領改訂に関する今後のスケジュール(予定):文部科学省

 

次回の改訂によって,どのような方針が打ち出されるのか,「道徳」と「愛国心」はどのように扱われるのか,新科目となる「公共」はどのようなものになるのか,18歳選挙を踏まえて教育と政治の関わりは深くなっていくのか,などなど。これからの学習指導要領の変遷にも注目していきたい。

 

 

 

 

帰省中の悲劇について

実は今,地元に帰省している。自分の地元は超車社会。車が無くてはどこにも行けない。今日はそんな地元の某ショッピングモールに行ってきた,もちろん車で。

 

いつものように車を駐車場に停め,店内をうろつくこと約2時間。そろそろ帰ろうかなと思い,駐車場に戻るとあれれ?少し車の位置がズレている。俺の車だよな?と思い近づくと見知らぬ女性が自分に話しかけてきた。

 

「......あの,この車の持ち主の方ですか?」

 

あ,はい。と返事をするとものすごい勢いで謝られた。どうやら自分がいない間に車をぶつけてしまったらしい。そのことを謝る&事故後の対応のためにめちゃくちゃ暑い駐車場で自分を待っていてくれたようだ。車の位置がズレていたのはぶつけた勢いで少し動いてしまったらしい。

 

とりあえず警察を呼んで,事故の処理をしてもらい,その場は解散となった。車はライトがぶっ壊れていたため動かせず(無灯火になってしまう),レッカー移動してもらった。自分はそのレッカー車に同乗し,自宅まで帰ってきた。大きいトラックに乗ったのは初めてだったので,少し楽しかった。

 

ぶつけてしまった方もすごく良い人っぽかったのでこちらも丁寧な対応をした。当て逃げや逆ギレされないだけマシだし,どうせ保険がおりるので何も問題はない。

 

いや,ひとつだけ困ったことがある。それは今どこにも行けないということだ。車社会のばかやろう。

 

f:id:yune_suko:20160801232721j:image

ぶつけられた車。見事にへこんでいる。

 

 

カテゴリー運用のジレンマーー「性同一性障害」と「トランスジェンダー」の間から

LGBT」というのは,レズビアン・ゲイ・バイセクシャルトランスジェンダーの略ですよ,というのは今や周知のことになった。しかし,もともとよく知られていたLGB(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル)と比べ,T(トランスジェンダー)の認知度?は少し低いように思われる。

 

一応補足しておくと,LGBが「セクシャリティ」を指す概念なのに対して,Tは「ジェンダーアイデンティティ」を指す概念である。前者は性の指向(≠嗜好),つまりどの性へと欲望を抱くか,を表すのに対して,後者は性の自認,自分自身の性をどう把握しているのか,ということを表している。そして「トランスジェンダー」とは,いわゆる生物学的な性(=sex)と自身のジェンダーアイデンティティが乖離している状態を指す。

 

今回はLGBではなく,T(トランスジェンダー)について最近考えたことを記しておく。

 

続きを読む

「リア充」の存在について

最近,ちょっとした話題となったこのCM。

 

www.youtube.com

 

「MCニガリ率いる非リア」 v.s. 「教室で騒ぐリア充」という構成なのだが,これを観て「非リアがんばれ!」という気持ちを抱いた人も少なくないだろう(社会学者の本田由紀さんも「非リアかっけー!」とツイートしていた)。自分も「非リアがんばれ!」と思っちゃうタイプの人間なのだが,このCMに対しては少し違和感があった。

続きを読む

テラフォーマーとの闘いについて

ちょうど一人暮らしを始めたばかりのころ、友人からあるものをもらった。曰く、日々の暮らしに必須のアイテムらしい。

 

そのアイテムとは「ゴキブリホイホイ」である。

 

あれから約1年、我が家で使う機会は一切なく実際にゴキブリも出現しなかったので押入れの奥底にしまっていた。自分は根っからの綺麗好きで、常に明窓浄机、整理整頓、清淡虚無を心がけているため、そのようなダーティーな生物とは無縁だと思い込んでいたのだ。

 

そもそもゴキブリホイホイの効果にたいして疑念があった。だってあれ古臭いじゃん?デザインとか。

f:id:yune_suko:20160718233508j:image

フォント!ごきぶりホイホイって!横の方にGOKIBIRI HOI-HOIと英語で書かれているのがまたダサい......

 

中身はこんな感じ

f:id:yune_suko:20160718233643j:image

ゴキブリの絵!

 

このようにフラットデザインと程遠い見栄えに胡散臭さを感じていた。

 

しかし、今夜それが必要となったのだ。一匹のゴキブリの襲来によって。

 

そいつはベッドの横の壁に突如現れた。本当焦った。その時ちょうど降ったゲリラ豪雨によって、この部屋から逃げられない感が高まり、ゴキブリとサシで個室に閉じ込められたような気分にすらなった。

 

まず武器を探した。対ゴキブリ用兵器ゴキジェットプロはないか!そう、この部屋にゴキジェットプロはない。油断していた。化学兵器が手元にない以上、新聞紙などで打撃を与えるという伝統的な方法で闘うしかない。新聞紙はどこだ!

 

と、目を離したすきにゴキブリは人の手が入らないような隙間に隠れてしまったようだ。最悪のパターンだ......ゴキブリと同じ部屋で寝る羽目になりそうだ......

 

 そんな状況に頭を抱えていたときに思い出した。ゴキブリホイホイがある!藁にでもすがる気分である。

 

とりあえず押入れから引っ張り出して組み立ててみる。おっ、なんだこれ組み立てるの楽しいじゃねぇか......そう。ゴキブリホイホイは組み立てる作業が楽しいのだ。

 

そうして出来上がったゴキブリホイホイをゴキブリが逃げたであろう隙間にねじ込んでおく。効果はあまり期待はしていなかった。

 

この部屋にゴキブリがいる、と怯えながら一時間弱時間を潰してその仕掛けたホイホイの中を覗いてみると、なんと!捕獲できていた!すごいぞゴキブリホイホイ!あのデザインのダサさとは裏腹にすごく仕事ができるやつだった!いや、むしろ効果に定評があるからこそデザインにこだわる必要がなかったのだ!ゴキブリホイホイ万歳。アース製薬万歳。

 

と、だらだらと文章を書いてしまったが、要するにゴキブリホイホイの能力の高さを伝えたかったのだ。ホイホイのおかげで今夜は安眠できそうだ。というわけでおやすみなさい。

 

今日の教訓

「見た目で判断するな」